極東のインデックス投資家―50年ビジョンー

運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

仕事

子育てという名の親育て

平成も終わりますが、とうとうパパになりました。令和まで待ってくれれば良かったものを、何を思ってか平成生まれを希望したわが子です。 育休とは名ばかり、幾許かの有休も取り、この10連休と併せて腰を据えて子育てに向き合っています。 母親は偉大 父親の…

仕事の愚痴を吐きまくった所で明日は1ミリも変わらない。

別にコンサル業界だからって話ではないと思います。転職してみて、世の中に、こんなにも他人の愚痴を堂々と言い、物事を他責にして愚痴を吐きまくる飲み会だけを楽しみにして生きている人間が多いとは驚きました。愚痴を言ってスッキリする分には大いに結構…

大多数の人間は、転職してすぐに我流を出すべきではないと思う

コンサル業界は人の流動性が高いこともあって、私が転職してから続々と中途が入社するものの、残念ながら僅かな期間でアウトしていく人たちもいました。良し悪しはともかく、入社時に学歴で足切りするような業界ですから、そこを通るということは昔から頭が…

どんな企業でも最初はブラック企業だが、積み上げた資産を食うことでホワイト企業になる

先日某ベンチャー企業が苛烈なパワハラなどにより訴訟を起こされたようです。真実は裁判を通じて明かされるでしょうから、今は企業が悪いとは言えません。しかしブラック企業によって、社員が命を絶つようなニュースを見ると、心が痛むのは私だけではないで…

不労所得は金持ちの特権じゃないはずだ

私もぜひ欲しいのが「不労所得」です。株の配当金、不動産の家賃収入など、ある一定の資産をお持ちの方は「不労所得」の仕組みを確立されているかと思いますが、果たして「不労所得」は一部の資産家のみに許される特権なのでしょうか。ちなみに私は資産家で…

給与にメリハリをつけたいのなら、上げることよりも下げることを考えることが重要

人事コンサルの現場にいると、先方から「給与のメリハリを出したい」という要望が多くあります。ただやりたい事の中身は「できる人の給与を上げて、できない人はステイ」が多いように思います。果たしてそれは本当に「メリハリ」なのかと疑問が出てきました…

中途のコンサルは新卒のコンサルにどう立ち向かうのか

駆け出しの最下層コンサルである私に語る資格はないのですが、今後の自分のキャリアのためにもどう生き残るのかは考えておいた方が良さそうです。ベンチャー気質の事業会社から、それなりのコンサルファームに転職しましたが、新卒でファームに入るような超…

大切なものを守るために投資をする

何事も抽象と具体です。投資をするというのは具体的な行動ですが、何のために投資をするか、どういう投資をするか、という話になるとだんだん思想的な話になって抽象的なものになっていきます。今回は何のために投資をするのか、というお話です。 ズバリ何の…

「メールお送りしたのでご確認ください」という一言の電話は必要か?

指示された時、「え、嫌だな」と直観的に思った。 事件は起こった まず自分が必要のない人間になろう 指示された時、「え、嫌だな」と直観的に思った。 私は電話が嫌いです。 一時期コールセンターに勤めていたのですが笑 電話がかかってくると手を止めなく…