駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

インデックス投資は勝者のゲーム

f:id:shiawase-investor:20181006004020j:plain

現在、AmazonのPrime Readingでインデックス投資の名著「インデックス投資は勝者のゲーム」が読めます。インデックス投資家の精神的支柱ともなる内容で、モチベーションが下がった時には、こういったインデックス投資の名著を振り返ることは非常に役立つと再認識しました。本の紹介は他に譲りますが、改めて自身の投資行動を振り返ります。

 

 

株式と債券を中心としたポートフォリオの威力を信じる

株式と債券こそ極上の金融商品

私は株式と債券を極上の金融商品だと思っています。また金融工学的に開発された複雑なものではなく、古典的なザ・株式、ザ・債券こそ最高です。「お金がお金を生む」仕組みとして、これほど美しいものはないとすら思います。リーマン・ショックぐらいのときでしょうか。金やプラチナなどの貴金属や、穀物などの商品も注目されましたが、私には刺さりませんでした。値上がり益だけでお金を生む金融商品は、個人的にあまり好きではありません。重要なのは「お金がお金を生む」仕組みです。配当を再投資して、複利の効果を徹底的に享受できる構造こそ、私が最も望むもの。株と債券により、いつ何時も「寝ながら殖やす」を実践したいと思っています。

インデックスファンドで高度に分散する

低コストのインデックスファンドにより、市場全体のリターンを極限まで100%に近い形で手に入れつつ、全世界の株式と債券に遍く分散投資するのが望ましいと再認識しました。未来のgoogleをピンポイントで「探す」のではなく、未来のgoogleがあると信じて、全企業を「保有」します。

ソーシャルレンディングをサテライトの投資として活用

株式+債券+ソーシャルレンディングの3本立てポートフォリオ

株式と債券に加え、私はソーシャルレンディングポートフォリオに組み込みます。ソーシャルレンディングの基本も金銭の「貸付」であり、原理は古典的であると考えています。その意味では債券クラスにも被っていますが、比較的新しい投資手法であることから、独立した項目としてポートフォリオに組み込み、リターンを得ようと考えています。

ソーシャルレンディングの未来展望

ソーシャルレンディングは万能ではなく、むしろ発展途上であると思います。長期投資において不向きな面もあり、必ずしも盤石な投資商品ではないでしょう。ただし、今後の市場拡大に伴い、運営企業同士が切磋琢磨する中から、サービス内容も研ぎ澄まされていくことと期待しています。決してリスクは小さくなく、金利に見合うか疑わしいものもあるかと思います。そういった面でも検討を重ねながら、株式+債券を補足する重要なアセットクラスに育て、育っていって欲しいと願っています。

30年以上を見据えた超長期投資

複利の魔術を最大の武器とする

高度に分散化・低コスト化されたインデックスファンドにより、全世界の株式・債券に投資、それらを補足する存在としてソーシャルレンディングを行います。しかし最もベースにある最重要事項が、「超長期投資」を行うことによる「破壊的な複利効果」です。株+債券+ソーシャルレンディングで配当を生み出しながら、再投資を重ねる事で複利効果を最大の武器とします。

永遠に売らない?!

インデックス投資は勝者のゲーム」にも記載がありますが、「永遠に売らない」ことこそ究極の超長期投資ですが、、、何のために投資してるの?となりますから現実的には、いつかの段階で現金化が開始されます。その際の戦略はまた数十年後に立てるとしましょう。

 

※投資は自己責任です。自分が最も納得できる信念と手法を実践に移しましょう。

 

 

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法