駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

MSCIエマージング・マーケット・インデックスを解き明かす

f:id:shiawase-investor:20181013233523j:plain

直近では世界的に株が安くなっていましたね。(ちなみに・・・「株安」より「株が安くなっている」というとお得感出ません?キャベツが安い、みたいな)新興国ファンドが連動しているMSCI Emerging Markets Indexをまじまじと観察したことが無かったので簡単に調べてみました。原典に当たれということでMSCIのサイトを見たのですが、予想通り英語まみれだったので、中学英語レベルの私が読み解きます。

パンフは下記からご覧あれ。

www.msci.com

https://www.msci.com/documents/10199/c0db0a48-01f2-4ba9-ad01-226fd5678111

https://www.msci.com/documents/1296102/1362201/MSCI-MIS-EM-May-2018.pdf/b1b05adf-4bf3-9acc-404c-9865da3e9997

 

 

指数について

指数構成国

指数に入っているのは24カ国のようです。

The emerging markets are: Brazil, Chile, China, Colombia, Czech Republic, Egypt, Greece, Hungary, India, Indonesia, Korea, Malaysia, Mexico, Pakistan, Peru, Philippines, Poland,Russia, Qatar, South Africa, Taiwan, Thailand, Turkey and United Arab Emirates 

(どうでもいいですけど、Czech Republicはチェコなんですな。へー。)

国別構成比率 

f:id:shiawase-investor:20181014001016p:plain

構成比29.92%で中国が3割近くを占めています。24カ国で構成されているものの、上位の5カ国で全体の7割以上を占めていますね。この5カ国の指数に与える影響は大きそうです。

規模別構成比

f:id:shiawase-investor:20181014001921p:plain

大型株が70%で、中小型株は同じくらいの比率ですね。

組み入れ企業トップ10

f:id:shiawase-investor:20181014002009p:plain

上位10社のうち、7社が中国企業となり、お馴染の名前が出ています。

  1. テンセント
  2. 台湾セミコンダクター
  3. サムスン電子
  4. アリババ
  5. ナスパーズ
  6. 中国建設銀行
  7. バイドゥ
  8. チャイナモバイル
  9. 中国平安保険
  10. 中国工商銀行

テンセントが1位なんですね。ちなみに、5位のナスパーズというのは、

ナスパーズ(Naspers)は幅広く拠点を置く多国籍のインターネット及びメディアグループ。130ヶ国以上でサービスを提供している。同社の主要事業はインターネット通信(クラシファイド電子商店街マーケットプレイス、オンライン決済及びオンラインサービス)、ビデオエンターテインメント及び印刷メディアである。

(出典:ナスパーズ - Wikipedia

南アフリカのメディア企業ですかね、って思ったら、ソフトバンク的な感じなのかな。

medium.com

テンセントに投資しているっぽいです。イメージ的にはソフトバンクです。えぇ。

2003年以降のチャート

f:id:shiawase-investor:20181014003026p:plain

足元急落しているはずですが、15年位を見ると2015年以降から伸びているようです。逆に2008年~2015年は横ばいに見えますね。リーマン前に急伸し、リーマン・ショックで破壊、2015年から回復、の流れが見えます。

一方、MSCI Worldに目を移すと、リーマン・ショック後、じりじりと右肩上がりで伸びて来たのが分かりますね。ここ10年くらいは先進国の方が良かったんですね。

新興国投資をどうするか

構成国を見て感じたこと

中国の比率が多いですね。組み入れ企業トップ10は7社が中国企業MSCIエマージング・マーケット・インデックスの投資は、中国への投資とも言えるでしょう。ナスパーズって全く知りませんでした。勉強になりましたぜ。

まとめ

  • 構成国は24カ国
  • 構成比は中国だけで3割、上位5カ国が7割を占める
  • 組み入れ企業トップ10の内7社は中国企業
  • 2015年以降は伸びていた

新興国への投資にどう活かしましょうかね・・・!

 

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法