駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

iDeCoの口座が始動!初買い付け!

f:id:shiawase-investor:20181020011627j:plain

先月開設できたiDeCo口座で、初めての買い付けが実施されていました。これから給与天引きで自動積み立てされる長い旅が始まります。そろそろ年末調整ですし、いくら戻ってくるのか楽しみです。

 

 

初回の買い付けは2か月分

先月の給与が少なく面食らう

先月の給与が少なかったんですよ。あれあれ、と。今年に入って転職後から引っ越したりなんなりで、税金含めて色々あったので心当たりが無い訳ではなかったのですが・・・

何ともしがたいくらいに給与が少ない

住民税高くない?手当無くなった分か?とか考えていたのですが、原因は紛れも無くiDeCoさんでした。私はSBI証券ユーザーですが、初回の買い付けでは2か月分の払い込みらしく、そこでごっそり行かれていたみたいです。なんせ投資枠は月23,000円ですからね。2か月分で46,000円も1ヶ月の給与から引かれてれば、少ないと思うはずです。

引き落とし方法の違いによるメリット・デメリット

給与天引きか個人支払いか

iDeCoでは拠出を会社経由の給与天引きか、個人口座からの引き落としが選択できます。私は給与天引きを選択しました。単純に払われたものから引かれると萎えますからね。先に引いておいて、って感じで軽く選んでいます。特にどちらじゃないと損をするってわけでもないので、お好きな方で!

給与天引きのメリット・デメリット

ちなみに給与天引きを選ぶと、年末調整が楽なようです。いくら投資しているのか会社が分かるので、事前に数字とか入れてくれるみたいですね。とりあえず会社も、iDeCoには前向きな回答でしたので、躊躇わず会社にお願いしました。

デメリットはこれといってないのかもしれませんが、転職などの時には面倒かもしれませんね。個人口座に変えたり、転職先に変えるなどの手続きが必要です。

私の場合は、比較的人の出入りが激しい業界ではありますが、目先の楽を取って給与天引きにしました。

自動積立の威力を待つ

まずは年末調整

もうそろそろ年末調整ですね。iDeCo効果がどういうものなのか楽しみです。(来年がフル投資初年度になりますが。)やはりある程度の金額(月23,000)を積み立てますので、結構威力はあると思います。iDeCoに関しては、万単位での節税なのでバカにはできません。

投資貧乏

つみたてNISAにiDeCoに、と非課税投資枠マニアみたいになった結果、投資資金をねん出するために投資貧乏になりかけてます。未来のためは良いのですが、そもそも生きているかも分からないので、ある程度今を楽しむ余裕も欲しいとは思います。あぁ、これで奥さんのNISA、子供のジュニアNISAまで開設したら、投資生活困窮者・・・間違いなしです。無駄遣いしてないだけいいのかもしれませんが、とはいえ賢くないのかもしれない・・・

 

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい