駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

maneoの遅延は影響が予想以上に大きい様だ

f:id:shiawase-investor:20181110005627j:plain

maneoで発生した遅延について、その影響は私の予想以上に大きかったようです。今週maneoの遅延について記事を上げていましたが、検索流入がけん引してアクセス数が跳ねていました。記念ローンだったこともあるのか、被害を被っている方の範囲も相当に広い様です。

 

maneoで起きた遅延の振り返り

今週のアクセス数が伸びたので、何かと思えば、maneoで発生した遅延を取り上げた記事が検索にかかりアクセスされていたようです。

shiawase-investor.hateblo.jp

予想以上の集客を見せ、小さい話ではブログってタイムリーなネタだと検索流入に効果があるんだ、ということと、大きい話では今回の遅延は思った以上に被害範囲が大きかったんだと認識したことです。

担保が役に立たない?

今回maneoで発生した遅延のうち、事業者C社の件についてのリリースにはこんな文章があります。

しかしながら、事業者C社は、任意売却に向けた活動の過程において、すべての担保不動産の任意売却による売却代金をもってしてもmaneo社への元利金全額を支払うことが困難であるとの認識に至り、

maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであることから、

10月29日を期日とするmaneo社への利息の支払いを履行しない意向をmaneo社に対して示しました。

2018/11/01 お知らせ「【延滞発生に関するご報告】不動産事業者CU社向け案件」|maneo(マネオ)|ソーシャルレンディング

 

返済原資となるような資産をすべて売り払っても、満額の返済ができないようですね。現在SBIソーシャルレンディングでも遅延案件の回収が行われており、大手のソーシャルレンディング2社で立て続けに遅延が起こっている事から、ソーシャルレンディングへの投資から撤退していく方も目につくようになっています。

お知らせ | SBIソーシャルレンディング|貸付型クラウドファンディング

ソーシャルレンディングはどうなる

これは衰退か淘汰か

担保の評価が甘いのではないかとの批判も良く目にするようになりました。ソーシャルレンディング投資家で、maneoとSBIソーシャルレンディングを外している方は少ないと思うので、影響範囲も大きかったと納得できます。

立て続けに遅延が発生しており、ソーシャルレンディング業界にとっては大なり小なり向かい風となっているでしょう。このまま業界として衰退していってしまうのか。それともこれは業界を成長させるための成長痛としての一時的な淘汰なのか。人により見方は異なると思いますが、私はまだ後者の論者です。そのあたりはまた後日記事にするとしましょう・・・

ソーシャルレンディングはリスク資産だ、というバカな論理

 

shiawase-investor.hateblo.jp

 こちらの記事で私は「ソーシャルレンディングは無リスク資産ではなく、むしろハイリスク資産」という見出しで書いている部分があります。書いた後にバカな事書いたな、と思いました。そんなこと当り前だろうと思ったからです。ただ担保評価等で信用ならんと言う意見も多く見ると、あながち間違っても無かったのかな、と思い始めた所があります。結局担保付であれば無リスク、とはならなかった訳ですから。そもそも担保評価については、絶対が無いからこそ、多大な不良債権を銀行は作ったわけですからね。

いずれにしてもしばらくはソーシャルレンディング業界については我慢どころだと思います。私は引き続き投資するつもりですが、注意深く情報収集をしていきたいと思います。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)