駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

極上の読書体験vol.6 限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

 

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法―為末大

私が独断と偏見で、最高な読書時間を与えてくれた良書をご紹介します。

「思い込み」が限界の正体

「体力の限界...!」なんてお相撲さんもいましたけど、限界の正体は無意識の超強力な思い込みかもしれない。無意識だからこそ強力だとも言えますね。為末さんはご自身の経験と、学術的な理論を上手くクロスさせて、説得力に繋げていると思います。最近サッカーの長谷部さんの本を読んで、異常な程の誠実さを感じましたが、為末さんも似たような印象を持っています。

冒頭に「4分の壁」に関するエピソードがあったと思いますが、ここだけでも鮮烈に刺さるモノはありますので、是非ご一読を。為末さんの特徴なのでしょうが、自分の考え方が、全体の中で右左、どちらにいるのか、といった中立的、客観的な主張ができる方です。その意味でも本書は読んでいて気持ちが良いというか、安心して読めました。

謙虚に自分ならできると思い込む強さ

世の中には自分はできると思いこんでるタイプの人も大勢いますけど、調子の乗っちゃってる人も結構な割合でいます。経営者の自伝とか、色々な所で謙虚さの重要性が書かれていますが、謙虚な思い込みって難しいよねと。いえいえ、僕なんかまだ未熟者で・・・と思っていながら、自分にはできるって信じている訳ですからね。卑屈になってはいけないのです。為末さんがグロービスか何かで講演しているのを観ましたが、本当によく勉強されたんだな、と思いました。スポーツ選手で、引退後にこういう形で自分を磨ける人って素敵だと思います。

子育てにも役立てられそう。お前にはできない、○○くんはこうなのに!とか言われて育ってきましたが、今考えると良く分からない親のエゴでしたね。少なくとも子供の可能性は無限大だと私は思っています。