駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

新しいクラウドファンディング会社「CREAL」に口座開設

f:id:shiawase-investor:20181118172539j:plain

新しくクラウドファンディングの口座を開設しました。不動産投資型のファンドのようです。今後実際に投資をするかどうかはまあだ分かりませんが、一号案件に親近感が湧いたので開設だけしてみました。

 

 

その名は「CREAL」

今回、新しく口座を開設したのはサービス名「CREAL」というクラウドファンディングです。運営会社は株式会社ブリッジ・シー・キャピタルです。

「CREAL」とは

creal.jp

今年11月13日から会員登録が開始されましたので、ザ新規の業者です。直近ではSBIソーシャルレンディング、maneoで返済遅延が起きており、ソーシャルレンディング全体が何となく嫌なムード漂っていますので、是非そうした空気を払しょくしてくれるサービスになって欲しいですね。

「CREAL」が魅力ポイントとして押し出しているのは3つです。

01
クリアな物件情報
不動産投資において重要な判断基準となる、物件の所在地や立地環境はもちろん、豊富なデータや画像・動画を用いて物件の詳細を開示しています。 豊富な情報の中から投資対象物件を選定し、納得した上で投資判断をすることが可能です。

02
少額で投資可能・毎月配当
1口1万円から少額投資が可能ですので、不動産投資初心者の方でも気軽に始めることができます。
また、投資いただいた物件の賃貸収入は毎月配当されます。

03
信頼の実績
運営会社の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、* 運用資産残高約300億円の不動産アセットマネジメント会社です。
CREALは、不動産投資業界で実績のある私たちが厳選した資産価値の高い物件のみを掲載しております。
*平成30年10月末現在

02、03については、ソーシャルレンディングクラウドファンディングの全企業が当てはまる、もしくは必要な項目ですので、実質特徴としては01になるでしょう。01の紹介を見る限り、投資物件は詳細がみられる様です。少なくともどの物件か特定する必要はなさそうですね。どの会社、どの物件に投資をしているかわからない、というのがソーシャルレンディングの恐ろしい所ですので、その点をクリアにしてくれる、ということでしょうか。

また投資物件に対して、サービス運用側の「CREAL」も一部責任を負うようです。

CREALの不動産クラウドファンディングの仕組み
お客様(優先出資者)から払い込みいただいた出資金と、当社(劣後出資者)が払い込みする出資金の合計額にて投資対象の不動産を取得します。
その不動産から得られた利益を出資者に分配する仕組みです。

各計算期間(例えば、毎月配当の場合には、1ヶ月毎)に生じた利益(賃料収益や売却益など)は お客様から優先的に配当(想定利回りを上限)し、 損失が発生した場合には弊社から優先的に負担する、優先/劣後方式を採用しております。

運営企業側が劣後のサービス提供とするようです。劣後なだけに、分配に関しては運営側の方が大きそう(リスクとリターン)ですが、傷つく時は一緒にお供します、の姿勢は良いと思います。

「株式会社ブリッジ・シー・キャピタル」とは

bridge-c.com

こちらが「CREAL」運営の母体企業ですね。アセットマネジメント事業のようです。役員陣の経歴、パッとググれば関連ニュースなど出てくるので、その辺で確かめるといいかもですね。

一号ファンドは浅草吾妻橋のホテル

creal.jp

一号ファンドとして用意されているのは浅草のホテルです。私が個人的に親近感を覚えたのはこの案件のことです。以前浅草に良く行っていたので、土地勘があって親近感を覚えた、というそれだけなんですけど・・・。不動産投資で儲かるかとはまた別なのですが、個人的に浅草は住むには、かなり良い街だと思っています。外食で困った事無いですね。美味しい個人のお店が本当に多かった印象です。

今後の展開が楽しみ

まだ投資を決めた訳ではないので、何とも言えない所はありますが、興味関心で解説をしてみました。あとソーシャルレンディングクラウドファンディングって厳密に言うと違いますよね。この記事を書きながら、混同して書いている事に気付きました。とにかく今は逆風が吹き始めています。是非頑張ってほしいサービスです。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)