駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

【全案件遅延】ガイアファンディングはソーシャルレンディング崩壊のトリガーとなるか

f:id:shiawase-investor:20181124140325j:plain

ソーシャルレンディングに激震が走るようなニュースリリースがありました。maneoファミリーの1社、ガイアファンディングから「【延滞発生に関するご報告】 2018年11月19日運用終了予定案件および全ファンドの利息」というにわかに信じがたいリリースです。

www.gaiafunding.jp

現状私はガイアファンディングには投資していません。ですので、今回の件による損害は無いステータスであることは先にお伝えいたします。その上で、maneoを含むソーシャルレンディング各社にポジションを持つ者として、このニュースを取り上げます。

 

全案件で遅延という破壊的事象

まず何より全案件で遅延という異次元の遅延案件になっていることに驚きを隠せません。さすがにやり過ぎの感があり、事の顛末次第ではガイアファンディングは終わりかもしれません。

1.利息の支払いが遅延したファンドについて
○ファンドの概要
対象ファンド数:138ファンド(ファンドID369~372を含む)
利     息:35,102,393円(ファンドID369~372の利息分を含む)
※3周年記念ローンファンド11号~13号(ファンドID531~533)をのぞく全案件

利息が喪失しているようです。この規模で起きているのは凄いですね。

原因次第ではソーシャルレンディング崩壊のトリガーへ

今回の原因はまだ明確ではありません。しかし原因次第で、ガイアファンディングは終わりなんじゃないかと思っています。ある程度貸出先が偏っているのは、どのソーシャルレンディングでも同様であり、その意味では直列に近いというか、どこかがダメになると連鎖してダメになるような傾向はあると思っています。しかし、全案件で、となると話は別で、1社に全部貸し出していたならまだしも、いくつかに分散していて全滅するのは確率的におかしいのです。リリースにもこんな記載があります。

ガイアファンディング社のファンドスキームについては、現地の最終貸付先(計14社)への貸付けまでに3社(※)の法人を経由しており、今般の利息の支払いの遅延が最終貸付先からの返済の遅延なのか、または、3社のいずれかの法人に資金が滞留しているのかについて、継続して確認をしている状況です。

(中略)

※3社の法人とは、ガイアファンディング社の海外の子会社、海外関連会社、米国関連会社を指します。この米国関連会社を通じて現地の最終貸付先への貸付が行われます。

最終貸出先としては14社に分かれていて、その上にガイアファンディングの子会社、関連会社3社がいる構図のようです。14社が同時にダメになって利息が回収できないというよりも、子会社・関連会社の3社の方に問題があるのではないかとも思える訳です。回収はできていて、その上の3社で資金が止まっているってどういう状況?ですし、これ持ち逃げなんて話になるとガイアファンディングは当然終わるとして、maneo全体にも影響がありそうです。

とはいえ、今想像で不安ばかり煽ったり煽られたりしても仕方ないので、まずは元本だけでも正常に返済されることを祈るばかりです。

崩壊を乗り越えたその先へ

私のスタンスは、ソーシャルレンディングは今後拡大し、大なり小なりポシャって、堅実かつ健全な成長を歩むであろうということです。ただ直近、遅延がポコポコ起きており、ポシャり具合が回復可能なもので留まるか分からなくなってきました。

行政指導が入るような失態も、会社によっては過去にある訳ですが、何となく仮想通貨業者と似たような雰囲気になってないかと思う次第です。私個人としては中長期の観点で、ソーシャルレンディングはそのポジションを確立するだろうと思っていますけど。今回の件の原因次第では、ソーシャルレンディングもただでは済まないと思います。

目先のポジショニング

中長期的に信じているとはいえ、こんなリリースを見ると恐怖を覚えるのは私だけではないはずです。maneo本体の遅延もあり、ソーシャルレンディングから撤退する投資家も珍しくない中で、今回のガイアファンディングの件はmaneoファミリーからの資金引き揚げに拍車をかけることは間違いないでしょう。

私個人としては、ポートフォリオのリバランスのため、直近ソーシャルレンディングに追加投資していませんが、もはや追加投資すべきでないとも思い始めました。ソーシャルレンディングの場合、投資資金がロックアップされるので、逃げようと思っても逃げられません。現在貸し出している投資資金は待つしかありませんが、何やら不穏な空気がある中で追加投資はできませんので、株式に振り分けていこうという方向性を再度確認しました。

今回遅延に見舞われた投資家の皆様には、一刻も早く、最低限元本だけでも安全に戻して欲しいと思います。

 

FinTech入門

FinTech入門