駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

極上の読書体験vol.8 20代 仕事筋の鍛え方

20代 仕事筋の鍛え方

20代 仕事筋の鍛え方

私が独断と偏見で、最高な読書時間を与えてくれた良書をご紹介します。

20代は未来を作る黄金期である

小説形式に面食らう一冊。タイトルだったり表紙のデザインだったりと、何かと内容とギャップを感じるのは私だけではないでしょう。筆者はBCG、A.T.カーニー、ベインと渡り歩いている生粋の戦略コンサルタント。内容もコンサル一色であり、全くコンサル業界に興味がないと意識高い系社会人としか思えないだろう。ただ20代が非常に重要な黄金時代だと気付くことはできると思う。20代での取り組みって、必ずしもすぐ結果に繋がらないことも多かったように思う。20代の内にした方が良いことを、この小説形式の本からはたくさん受け取ることができるように思います。40代での成功に備えた土台作りが20代であるとのことですよ。

新卒2,3年目で読みたかったな・・・

私がこの本を読んだ派もう20代最後の時だったので、正直遅すぎたと思ってしまいました。社会人2,3年目で読むのが良いかと思います。1年目では逆に感じられるものが少ない気がする。 本を読むと実に20代で読みたかったと思う時が多い。きっと40代になったら、30代で読みたかったと思う本も多いのだろう。そうやって人生終わって行きますからね。20代の貴重さを感じるには良い一冊だと思います。

短期間で成果を出さなくてはいけないというご時世ですし、日本で言えば終身雇用も無くなってきているので、将来に向けてゆっくり腰を据えて、、、みたいなことも難しいと思うんですよ。良い意味で毎日毎日、目先の積み重ねが未来を作る、というスタンスが最もキャリアを考える上では有効なのでは、とすら思う訳です。今日を生きるという感覚が弱いまま、中途半端に未来を生きていると、取り返しがつかなくなってから、どうにかしようとしても難しいですからね。もちろん、いぽ王では人生100念じた意図も言われてますから、too lateなことも昔よりは後ろ倒しになっているのでしょうけど。

こちらの本は是非20代の若者に読んで頂きたいです。だらだら暇つぶししてる場合じゃないな、って思うだけでも何か得るものはあると思います。あ、別に暇つぶしが悪いなんて言ってませんよ。色々ある中からその選択肢を選んでやっている限りは、ですが。

20代 仕事筋の鍛え方

20代 仕事筋の鍛え方