駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

【悲報】ソフトバンクの終値は1,282円だったけど、結局配当利回りが上がったから良いじゃんとか言う私は外野の人

f:id:shiawase-investor:20181110005627j:plain

ソフトバンクが上場しました。配当重視の姿勢を見せる為、配当利回り5%にこだわるための1本値1,500円で上場するという挑戦でしたが、初日は1,282円と振るわなかったようです。

www.fnn.jp

まぁ個人的に、通信障害はあんまり関係ないだろうと思ってますが・・・。だいたい株価の上下動の説明って、後付けなのでものは言いようって感じのように思っています。

ソフトバンクは今年の目玉IPOだっただけに、残念でしたね。あ、私はIPO投資ができないので、今回の件でもポジションは0円です。

shiawase-investor.hateblo.jp

「株価が下がって予想配当利回りが改善!結果、配当重視の姿勢が強化!ソフトバンクの思惑通り!なんなら、株価下落もソフトバンクの陰謀だ!」

なんてふざけられるのも、自分が損も得もしていない外野投資家だからですね、すみません。

これまた個人的にはですが、まぁ初日にこうなったとはいえ、中長期的にはやってくれるんじゃないかな(孫さんが経営をしている内は。)、とも思ってますので、1,500円を突破する事はあるだろうと思ってます。

 

ベンチャーキャピタルの研究でも出ているのですが、結局IPOに関しては企業がどうかと言うよりも、上場時点の市況が与える影響の方が大きく、企業の有望さに関わらず、市況が良ければ爆上げしますし、市況が悪ければどんな実力のある企業も大きくは評価されにくいというのが統計上あるようです。VCから見たら冗談じゃないって感じですけどね。企業のバリューアップに心血を注いできたのに、その時々で評価が違う訳ですからね、それも内容とは関係なく。

なので今回のソフトバンクに関しても、通信障害だなんだということではなくて、直近の市況の悪さが、結局の所一番大きな原因ではないかと言うことです。

今日の日経新聞ですかね。メルカリも上場初日からは相当に下げている(ヨーロッパから撤退しました)ようですし、IPOした企業の株価はあまり冴えないようです。もうそういう市況だと思うほかありません。

 

今回ソフトバンク株に関しては、相当個人向けに証券会社も売ったようなので塩漬けされる方も相応に出てきそうですね。まぁ配当重視に共感して買ったのだとすれば、ホールドする前提でしょうから塩漬けもクソも無いと思います。

 

私個人はこれからもしばらくIPO投資はできないのですが、やはり注目度だけではどうにもならない投資方法だなと痛感しました。