駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

ソーシャルレンディング投資に疲れてきた感

f:id:shiawase-investor:20180929004223j:plain

1/11に不動産のクラウドファンディング「CREAL」の第4案件(世田谷の1ルームマンション)が募集開始となりましたが、またもや瞬間的に募集完了した模様です。例に漏れず仕事中だったため、気付いた時には終わっていました。

この調子だと、CREALについては、2,000万円前後の案件への追加投資は、毎回競争率が高く絶望的でしょう。異様な資金供給への警戒感と、毎回繰り返されるクリック合戦への疲弊感から、ソーシャルレンディングへの投資熱が陰ってきました。

 

過熱するソーシャルレンディングへの資金供給

私は口座を持っていませんが、オーナーズブックも大人気とのことです。運営会社によりますが、募集開始から瞬時に蒸発する光景は珍しくないでしょう。ソーシャルレンディング自体がメジャーになったのか、世の中に金が余っているのかは知りませんが、如何せん資金需要に対する供給の過剰感を感じています。

私もソーシャルレンディングに投資し続けており、今回新しくCREALにも口座開設して追加投資していますので、資金供給側の一味ではあるのですが、こうも色々問題が起こっている(某ファミリー・・・)にも拘らず、これだけ人気があるとなんだか萎えました。感情論ですが・・・。インディーズの時は応援してたけど、メジャーデビューしてファンが増えたから気乗りしない、そんな感情もあるかもしれません。

過熱するクリック合戦

毎回投資しようと思ってクリック合戦になることも萎えます。募集開始の時間前にPCやスマホにかじりつき、募集開始とともにポチるって・・・。毎回そんなことしないと投資ができない環境は、私にとってはストレスです。インデックス投資家の性かもしれませんが、兎角面倒なことはしたくない。心して準備しないと継続できないような投資方法は、気持ちが萎えると続けることができない。超面倒くさがりなインデックス投資家の私にとって、クリック合戦は強烈なストレスです。

maneoファミリーへの絶望

ガイアファンディングだけでなく、火の手があちこちで上がっています。対応方法、そのスピード、実態としての安全性、管理能力・・・etc

maneoを中心に、彼らファミリーには無念の気持ちです。幸い私はまだ被弾しておらず、順調に毎月分配を受けていますが、もはやいつ被弾してもおかしくないのではないかと疑念が止まりません。maneoファミリーへの投資分は、現在引き出しまでの待機期間としています。現金のステータスで温存されていますが、引き出し手数料を相対的に抑える為、案件が完済されるのをひたすら待っています。

もう疲れたよ、パトラッシュ

具体的にクリック合戦、被弾をして疲れた、というより、現在目の前で繰り広げられている光景を見ていて気分が萎えた、という状況です。特段何か行動する事はないのですが、今の志向はソーシャルレンディングより、インデックス投資に移っています。

そう考えると、やはり毎回何か具体的な行動を伴う投資手法は私には向かないようです。気分屋なので、継続が困難になります。その点、投資自体も自動化されてしまっているインデックス投資は強いですね。私の気持ちや感情に関係なく、ただ機械的に積み立てられていきます。これはもう投資の価値観です。あー、なんだかな。