極東のインデックス投資家―50年ビジョンー

運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

【ブログタイトル変更】極東のインデックス投資家―50年ビジョンー

f:id:shiawase-investor:20190715105922j:plain

先日ですが、ブログタイトルを変更しました。決意を込めて、「50年ビジョン」の文言を入れました。

 

 

50年ビジョンの決意

私は今30代です。運用期間50年とすると、平均寿命くらいでしょうか。とにかく超長期投資に徹するという事を「50年」と表現しました。

50年のタイムスパンで投資を考えると、見え方が変わってくる事に気付きました。

短期投資、目先の利益にとらわれない決意です。

人生を豊かにする投資

投資自体は「儲かった損した」が全てであり、それ以上の意味はないように思います。趣味でやる分には損したって良いのでしょうが、こちらも限られた資金を投じるわけなので、損する訳にはいきません。

ただそれ以上に、なぜ投資をするのか、の目的が大事です。

老後資金、教育資金のためもあるでしょう。とにかく投資を通じて何を得たいかが重要だと思うのです。

私は特にアーリーリタイアも目指していません。ただ家族に経済的な制限をかけたくはないという思いは強いです。贅沢な生活は望みませんが、家族で旅行に気軽に行けるくらいの余裕は欲しいです。

投資方針

基本的にインデックス投資に徹します。ここに関しては、これまで通り継続します。

ただ、現在のポートフォリオに関しては「50年」の観点から整理をする予定です。今伸びているかどうかではなく、50年先に自分が満足できるようにするために整理します。

ちなみに、今からおおよそ50年前の1970年は、どんな世界だったでしょう。

日本はこの後バブルに突入していきます。

当時、2019年の日本を、世界を想像できたでしょうか。

これからの50年も、劇的な変化が起きていくと思います。ただそれを予想するだけの能力や手立てを私は持っていません。結局、どうなるのかは分からないのです。

2069年の世界がどうなっているかは分からない。

それでも私はその時代を生きる可能性がある。投資をする以上、2069年に資産を増やしている事を望んでいます。

今後の判断軸は「50年」です。それでいて「今」も幸せいっぱいに生きていたい。私は強欲なのかもしれませんが、後悔のない人生を送る為に、精一杯やって行こうと思います。