私の投資履歴書~インデックスを添えて~

私の投資履歴書~インデックスを添えて~

インデックスを中心に、運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

【REIT】コロナ相場でのJ-REIT個別銘柄デビュー

f:id:shiawase-investor:20200510224359p:plain

コロナ相場で急落したREIT市場を見て、「これは!」と個別銘柄を買ってしまった件について。

これまでJ-REITはインデックスファンドの形で保有しており、まったく投資していないわけではなかったのですが、色々調べていくうちに個別銘柄が欲しくなって手を出してしまいました。

買った銘柄

買ったのは3銘柄です

① GLP投資法人(3281)

② イオンリート投資法人(3292)

③ ケネディクス商業リート(3453)

 

① GLP投資法人(3281)

物流リート。資産額も大きく、まずは安定性の高い(=物流施設)といわれているものから買おうということで買ってみました。

リート市場の中で、やはり物流リートの値戻りは早く、物流特化型はほとんどコロナショック前の水準に戻してきていると思います。

こちら4月の戻りきる前に購入しましたので、含み益を作ってくれています。

② イオンリート投資法人(3292)

商業リート。説明不要のイオンです。

こちらもGLPと同時に購入しましたが、値戻りが重いです。最近各リートの値動きを見ていて感じるところですが、認知率の高いものはプレミアムが乗っかているのではないかと思い始めました。

星野リゾート投資法人(3287)もホテルリートの中では下落が物足りない感じです。認知率の高いリートはブランドが割高を導いたり、下落のクッションになっているのではないでしょうか。

こちらイオンリートもわずかに含み益を作ってくれています。

③ ケネディクス商業リート(3453)

商業リート。生活密着型の商業施設を中心に投資しているリートで、一部物流セクターにも投資し始めています。

こちらは上記2銘柄から少し日が開いて購入しました。比較的、上記2銘柄は衝動的に近い形で買ったのですが、こちらは割安なのではないかと思い購入したものです。

コロナの自粛により、ホテルリートは壊滅ですが、消費の減退で商業リートもなかなか値が戻らない。ただその中でもケネディクスはなぜこんなにも安いままなのか、と考えた次第です。ほかの商業リートに比べても低評価なのではないかと思いました。

こちらも含み益を作ってくれています。

今後どうするか

基本的に長期投資のスタンスですので、これらは持ち続けること前提で投資しました。個人的にインデックス投資と配当系投資の間で心が揺れ動いており、物は試しと買った意味合いもあります。

REITについてはキャッシュフロー投資になりますので、今後も銘柄や相場、自身のポートフォリオも 見ながら買い増していこうと思います。

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ