私の投資履歴書~インデックスを添えて~

私の投資履歴書~インデックスを添えて~

インデックスを中心に、運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

【小話】アフターコロナでもオフィスが不要になるとは思わない理由

f:id:shiawase-investor:20200521020645p:plain

アフターコロナでは、テレワークの普及によってオフィスは不要になるのでしょうか。私はイマイチそこまで信じ切れていません。

定性的な理由しかないんですけどね。

 

オフィスの存在意義

そもそもオフィスの存在意義って働くスペースとしての空間的意味だけではないように思っています。

例えば採用。今でも多くの会社で、新卒採用などにおいて自社のイメージ向上のためにもオフィスが入居するビル、内装にこだわる会社は多いと思います。

極論、業績や会社としての能力も高かったとして。

社員はテレワークだから、と質素なオフィスに入居して何にもないような会社を信用できますか、という話です。

結局これは印象論なのですが、目に見える形として立派な会社であるかどうか、というのは意外と効力があると思うのです。

勿論、採用だけのことを考えれば、ワークスペースの縮小はあまり関連してこないのですが、テレワークだから、とワークスペースを減らすのは結構覚悟が必要です。

テレワークで出社しない場合でも、個人デスクを残す限りにおいてはワークスペースを削ることはできません。人がいないだけであり、出社可能性がある限り、そのスペースは確保しなくてはいけないからです。

フリーアドレスですら大多数ではない世の中で、ある意味フリーアドレス前提で人員とワークスペースの整理をするのはそんなに簡単ではないと思います。

感染症が頻発しなければ忘れる

これに尽きるかと思いますが、宣言発令直前まで相当数が通勤でまだ電車に乗っていました。(私も出社していました)

また台風等で電車が止まった時に、駅の外まで大行列ができるような国です。

また会社によってはテレワークが自宅軟禁のようにルールでガチガチに縛られている状況もあるとのことで、逆にストレスがたまる働き方になっている可能性があります。

コロナの影響がどれだけ甚大であっても、人間は忘れる生き物ですから、基本的に元の生活に戻る圧力は相当にあるだろうと想定しています。

ペーパーレス一つ進まない。未だに印鑑を押し続ける。

そういう国において、オフィスの規模を縮小するために引っ越し、テレワーク前提で働き方を変えていくような意思決定がそこかしこで起こるようには思えません。

「オフィスは不要」と言うは簡単なのですが、実際に不要にするために必要な工程と意思決定を考えると、そうそうアフターコロナだけを理由にできないというのが正直なところではないでしょうか。

 

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ