私の投資履歴書~インデックスを添えて~

私の投資履歴書~インデックスを添えて~

インデックスを中心に、運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

【米国株】製薬株を全て売却しました

f:id:shiawase-investor:20200808011228p:plain

先日、米国個別株を整理したばかりですが、売りあぐねていた製薬株について、今回すべて売却しました。

 

 

売りあぐねていた製薬株

先日、米国個別株を整理したばかりです。

 

shiawase-investor.hateblo.jp

 

通信株など、配当目当てで保有していた銘柄を売却していました。

一方で、製薬株についても売却の俎上に挙げながら、コロナ関連で保有メリットがあるのではないかと考えて売りあぐねてました。

その後もしばらく悩んでいましたが、この度腹を括って売却した次第です。

 

売却後の保有銘柄

ウォルト・ディズニー(DIS)

インベスコ QQQ トラスト シリーズ1(QQQ)

アクセンチュア(ACN)

ビザ(V)

ロッキード・マーチン(LMT)

S&Pグローバル(SPGI)

アリババ・グループ(BABA)

ロイヤルティ・ファーマ(RPRX)

アメリカン・エキスプレス(AXP)

コストコ・ホールセール(COST)

マスターカード(MA)

 

売却

ワークデイ(WDAY)

ギリアド・サイエンシズ(GILD)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

ファイザー(PFE)

メルク(MRK)

 

投資目的は何だったのか

ワークデイ(WDAY)に関しては成長を期待していましたが、QQQにも入っており、特段爆発的な何かがあるとも考えられなくなったので、QQQにまとめることにしました。

一方で、製薬株については配当目当てで投資を開始した経緯があります。

まぁ病気というのはこの世からなくなることはないし、投資していたようなメガファーマは今後もその戦いの中心にい続けるであろう、ということです。

権利ビジネスの側面もあるので、配当も安定的だよね、と思っての投資でした。

 

それは必要か

んで。

それが果たして、本当に自分に必要な投資かどうかを考えていました。

既に銘柄も16銘柄となっており、若干分散しすぎ。

集中的に投資できないことで、いくら高配当だといえど大した金額の配当にはならない。

結局のところ、絶対額としての収益が肝心なのであり、サテライト的に高配当株を持ったところで配当金の規模はいつまでたっても大きくはならないと感じました。

少なくとも、私にとって高配当株へ投資原資を持っていくことの優先順位はかなり下の方だと思えたわけです。

であれば、少々の金額で保有するのはやめて、他の銘柄にその分投資した方がいいし、何より銘柄の数をもっと減らして集中投資の要素を強めた方が絶対額としてもいいだろうと判断しました。

 

今後の米国株

今後の投資については、継続保有した11銘柄で均等に投資していこうと考えています。正直どれも捨てがたく、これ以上の断捨離は現時点では難しいです。

また時々によって悩むでしょうが、一旦は現在の形で合点がいきましたので、続けていこうと思います。

基本的には、長期でのキャピタルゲイン狙いになります。

正直、製薬株の売却を終えて夜が寝れるようになりました。やはり私にとって重要なのは、株価チェックをしなくてもいい投資スタイルのようです。(とはいえ、毎日見ますけどねw)

 

★1クリック★応援ください!

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア


 

米国株四半期速報2020年夏号

米国株四半期速報2020年夏号