私の投資履歴書~インデックスを添えて~

私の投資履歴書~インデックスを添えて~

インデックスを中心に、運用期間50年を見据えた超長期投資の運用記

【日本株】商社の変化力に期待

f:id:shiawase-investor:20200808034858p:plain

日本独自のビジネスモデルである商社には個人的に期待をしています。

 

 

商社とは何か

株の話でいうと、万年割安な謎の銘柄、ということになります。

まぁ半分冗談、半分真実ですが、投資の面から言うと、そのビジネスや企業価値が算出しにくいという話のようです。単一ビジネスでないことは当然ですが、ある意味コングロマリット的なディスカウントも働いていることでしょう。

一旦教科書的なビジネスモデルのご紹介はGoogle先生に譲るとして、商社のビジネスは日本にしかないと言われています。

今の実態としては資源権益へ投資する会社、でしょうか。(会社にもよりますが。)

 

投資会社としての商社と人材の質

私が何に期待しているかというと、商社の変化力が高まってほしいな、という点ですね。

実際、商社の関連会社というと莫大であり、収益貢献度はともかく、色々な会社に出資している投資会社の側面があります。

私の中の単純なイメージでは、バークシャー的なことをバフェット的なカリスマが、ではなく、組織的にやっているイメージです。

 

知らんけど。

 

仕事上の経験ですが、三大商社は日本を代表する企業だけあって、半端じゃなく社員が優秀であると思います。

頭のキレ、理解力等々、はっきり言ってかなり緊張感が走っていた経験があります。

新卒主体ではありますが、戦略コンサルからも人が来ていますし、新卒自体も外資と併願しているような上位層が受けているので、恐らく日本企業の中でもかなり採用に恵まれていると思います。(競合も半端ないが。)

人材の質という点では、例えば三菱商事伊藤忠商事三井物産といった銘柄はかなり魅力的です。この1点をもっても私には投資したくなる魅力になります。

あとは・・・という点でこの変化力です。

 

時代を作るか、自ら変わるか

長期投資の観点からは、恐らく人材の質は長期的に優位性があると思います。(厳密には、最優秀層は外資に取られていくと思いますが、平均点として他の日本企業と比べれば優位ということ。)

ただ一方で、投資会社的な位置づけだとすれば、資源に投資して稼ぐというスタイルからは変化してほしいと思うわけです。資源依存度が高すぎます。

結局、長期的な視点では、時代が変化する以上、変化に対応できない企業はいつかなくなるか、低迷し続けることになります。

その点において、そもそも時代を作る側に回るか、時代に合わせて自らを変えられる企業に投資したいというのが長期投資家としての私の見方です。

商社はビジネスモデル的には時代に合わせて自らを変えられる企業なので、結構魅力的なんですよね。

最近は(昔から?)、配当目当てで購入されているような気がしますが、本来的な価値を発揮することから考えると、配当なんかで株主還元してる場合じゃねーよって思っています。

ちなみに、私は米国株でアクセンチュア(ACN)に投資していますが、これも似たような意味で、時代に合わせて自らを変えられる企業だから、ということですね。

 

まぁ、商社株持ってないんですけどね。(色々あって・・・。)

 

★1クリック★応援ください!

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア


 

業界と会社研究 2021年度版 商社

業界と会社研究 2021年度版 商社

  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
週刊ダイヤモンド 2020年5/16号 [雑誌]