駆け出しコンサル、寝ながら殖やす

駆け出しの人事コンサルタントが★インデックス投資★ソーシャルレンディング★で「寝ながら殖やす」ことを目論むブログ。

結局maneoファミリーには何が起こっているのか

f:id:shiawase-investor:20180916211740j:plain

アメリカンファンディングで発生した遅延に見事被弾中です。

 

shiawase-investor.hateblo.jp

 

強がり、見栄張りも大概ですけど、ガイアファンディングが吹き飛んだ時に、アメリカンファンディングも怖いな、と思っていました。(そして避ける事無く被弾w)

ただ実際、ソーシャルレンディングの場合は途中で売却できる訳ではないので、気付いたり感づいたリスたところで、待つしかないんですよね。

maneoファミリーが絶賛炎上中な訳ですけど、結局この遅延祭りは何なんですかね。

 

 

悪いのはアメリカの景気、ひいては世界経済か

ガイアファンディングとアメリカンファンディングって似てるじゃないですか。アメリカの不動産系です。それひとつ取っても、ガイアが吹き飛んだら次は、、、って感じですけどね。

結局今回立て続けというか、ある程度似たような時期にこの2つが消し飛んだということは、アメリカの景気が悪りぃ(野沢語)のかってことです。私の視野が狭いので見えてないだけの可能性大ではありますが、ホントにそうかって感じ。ある意味ソーシャルレンディングというまだまだ小さい市場のそのまた小さい企業が立て続けに吹き飛んだことって、本当にアメリカの景気なんですか、あるいはそれこそ世界の経済が冷え込んでるからなんですか、って思う次第。

一撃必殺の遅延

何より、一回遅延が起きると芋づるで、最終的に運営会社が吹き飛ぶって、どんなダイナマイト背負ってるんだよ、と。ソーシャルレンディングの未熟な所ですが、結局案件が全部数珠つなぎなんですよね。実は中身のバリエーションが極めて少ない。分散的な発想から案件をばらけさせて、なんてまず無理でしょう。同じ借り手が借りまくってますからね。案件が別枠なだけで、中身は全部一緒。そんな感じに見えます。

そうなると、1案件がアウトだと一気に火の手が広がるんでしょうね。

シークレット案件のスタイルは限界?

maneoファミリーは比較的案件の内容を隠すタイプなのですが、今後のソーシャルレンディングにおいては難しいのでしょうね。

ただ結局の所中身が見えたって、素人にはリスク回避は難しいんですけどね。不動産とか見せられても分からん。自分が住みたいかどうかしか物差しないからね。

ただどの会社はおろか、何に投資しているのかすら不明、という次元の案件は止めた方が良い。やっぱり原点に立ち返って、自分のお金を貸すと考えた時に、普通知りたいはずなんですよ。

私はもう追加投資なんてもってのほか、今maneoファミリーからの撤退を進行中(待機するのみ)なのですが、これだけの状況になり、maneo側はどうするのでしょう。対応方法と言うか、誠意の見せ方が気になります。

 

1万円からはじめる投資 ソーシャルレンディング入門

1万円からはじめる投資 ソーシャルレンディング入門

 

iDeCoが全銘柄で黒字転換しました

f:id:shiawase-investor:20181013011315j:plain

iDeCoが黒字転換しました。スポットの話でしか無く、今使うお金ではないのでどうでもいいと言えばどうでもいいのですが・・・。ファクトとして黒字転換しましたよ、というお話。

 

iDeCoは株式のみ

iDeCoでは株式のみのポートフォリオにしています。債券系は・・・自分でやりますわ、という感じです。そもそも一般口座やつみたてNISAを含めた全ポートフォリオで、株式の比率が低かったので高める意味合いですね。

一応インデックス投資家の端くれとして、株式の有用性を信じているタイプなので、100%株式運用でも大丈夫です。何よりその他の口座と併せて見ているので、特段iDeCoだからどう、という話ではありません。

先進国株、新興国株、日本株を2:1:1で買っています。

好調な海外株と低調な国内株

全銘柄が黒字転換したものの、内容的には明暗分かれています。先進国株と新興国株は6%ほど黒字なのですが、日本株が0.85%と「債券かよ」のレベルでかろうじて黒字。つみたてNISAの口座でも傾向としては似ていますので、同期間で日本株の婦長っぷりが目立ちますね。ま、どうでもいいですけど。(バイアンドホールド一択のため)

給与天引きという最高の仕組み

私はNISAを「つみたてNISA」にしていますが、定期積み立ての虜です。なんなら口座に入金するのすら面倒なので、給与から天引きしてくれるiDeCoはマジで愛せますね。

結局、やる気だったり1アクションだったりが必要な運用方法をしていると、継続できないんですよね。私の性格の問題です。(だからインデックス投資を愛しています)

毎日毎日投資のことなんて考えてられませんし、なんなら1年の内9割方、投資に興味が無い日だと言っても過言ではないでしょう。いや、だって投資は・・・生業ではないから・・・。やっぱり興味を失って投資から離れている間にも「投資をしている」状態が作れることは最高にLOVEポイントです。

結局なんやかんやと、今月も昨日始めて口座の状況を見たような状況ですから、日々の生活費と勘案して、放置しててもなんら気付かないくらいの仕組みだと、非常に円滑に回ります。勝手に買って、勝手に値段が動いて、(運が良ければ)勝手に資産価値が増加している訳ですね。

ここ直近出費が多く、入金パワーが非常に弱いのでうろたえてますが、とにかく仕組みづくりをすると、インデックス投資に惚れますよ。

 

 

子育てという名の親育て

f:id:shiawase-investor:20180917173946j:plain

平成も終わりますが、とうとうパパになりました。令和まで待ってくれれば良かったものを、何を思ってか平成生まれを希望したわが子です。

育休とは名ばかり、幾許かの有休も取り、この10連休と併せて腰を据えて子育てに向き合っています。

 

母親は偉大

子供ができて、改めて母親と言うのは偉大だな、と思います。時代もあるんでしょうが、男尊女卑とか男女平等とか言ってないで、世の男性は「女性こそ優位だ」と思い知るべきです。そんな気持ちになりました。

幸い出産が土日に重なり、本当に最初から最後(立ち会い)まで一緒にいることができましたが、男の無力さたるや情けないもんです。

今の時代、生物学的な観点から男性は、女性は、などというと問題になりかねないのですが、少なくとも子供を産むことは男性にはできません。一つの命が生まれる時に、男ができる事は、まーなんもない。無力と言うか邪魔者と言うか。カマキリの如く、奥さんに食われて体力の足しにでもなった方が、まだマシでしょう。

昔の人は出産で命を落とすこともあった、なんて今となっては信じられないですが、立ち会いなんぞしてみると、こりゃ最悪の事態もあるよね、と思わざるを得なかった。壮絶ですわね。「母子ともに健康」なんて定型文ですけど、その重みが少し認識できたように思います。

父親の威厳

父親の威厳ってなんぞや、と。母親がこれだけ偉大だと、父親の威厳なんぞ、虎の威を借る狐、張りぼて、強がり、独りよがり、ワガママ、見栄...どんな言葉でも良いですが、取るに足らない実にどうでもよいものです。(もちろん大事だと思っています。

生み終わってもなお、やはり母親は偉大。泣き声一つでどんなに眠かろうと起きるし、世話するし。(奥さん目線だとこういうのが怒りポイントです)ホント申し訳ないって感じですが、お互い初めての子育てのはずなのに、圧倒的に安定感と言うか、安心感と言うか、違うんですよね。

威張り散らして、お仕事に「しか」励まず、職場で好き放題に下っ端を詰めてる父親なんかビジネスマンとして一流かもしれませんが、人間としては三流だと思い始めました。家に居場所ないからだろ、という。

子育てと言う名の親育て

自戒の念も込めて父親をディスりまくりましたが、この子にとっては替えがたい母親と父親なわけですね。逆は当然然りですけど。

子育て、なんて言いながら、世の中のことも、何が正しいのかも分からないし、立派な事なんてしてきてないし、何も成し遂げちゃいない。結局そういう人間が親となって子育てするんですよね。子供を育てるなんて滅相も無いって感じで。夜泣きの止まらないわが子に意識朦朧としながら、ふと見るとそれ以上に意識朦朧な奥さんがいる訳です。なんかお互いに、ですけど、子供ができる前よりお互いを自然に気遣ったり、手伝おうとしたりするようになった気がします。

子育てによって育つのは、子供だけではなく、親も育っていくのだな、と思う次第です。

後輩パパへ

完全に私見です。私はスタンス的に「家庭>仕事」ですから、「家庭<仕事」の方はあまり得るものはないと思います。

①出産時は受動的が良い

陣痛が来て、病院に行くとそこはもう「野戦病院」です。自分の奥さんが苦しんでいるのは当事者として一心不乱に介抱できますけど、なんかどこそかの奥さんが苦しんでいる声を聞くと我に帰ります。プライベートライアンでも見ておいてください。マジで「衛生兵!」って呼びたいくらい壮絶な状況です。

何はともあれ、当日これやると良い、あれやると良いみたいなものがあります。(テニスボールとか・・・)知識的には色々あるんでしょうけど、なんか積極的にあれこれ世話を焼かないのが良い気がします。(※注意※家庭によります、念のため)

私もあれする?これする?どう?とか色々やってましたけど、奥さんに一切刺さらない。その内、奥さんとしてもうるさいな、とか邪魔だな、と思う瞬間が出ます。そうするとこっちもこっちで、心配してるのに!みたいなイライラポイントが。マンガみたいなことがホントに起こりますし、どちらが悪い訳でもないので、もう仕方が無いこと。

私はお互いに不愉快になりそうな雰囲気を感じたので、後半はもう何もしませんでした。何もしないと言うのは、積極的にあれこれ世話を焼かないと言う事で、奥さんから要望があれば全力です。あとルーティンとしてできること(飲みモノとか)は黙って定期的にやります。受動的がメインで奥さんの怒りを買わないルーティンは積極的にやってください。

②出産の立ち会いはした方が良い

私は血とか無理なのですが、奥さんの「強い」要望で立ち会いました。結論、立ち会った方が良いです。子供を産むことがどれだけ壮絶か分かります。その後の子育てに対するスタンスにも影響あるんじゃないでしょうか。

流石に自分の体を痛めてないことは変わりませんが、自分の子供である、ということの認識が強くなる気がします。あと奥さんの大変さを多少なりとも共有できることは、良いことだと思います。自分の無力さを感じて、仕事場で人一倍偉そうにしている自分を恥じてください。人間として三流な可能性があると認識できます。

③育休は数日だけでも取った方が良い

これは諸先輩方より強いオススメがありました。正確に言うと、育休を取るかどうか、より、産んだばかりの時に奥さんのそばに居れる時間があるかどうかです。

あの・・・子育てってホント大変です。多分仕事と比べてる時点で舐めている可能性があります。会社にとって私は代替可能ですが、家族にとっては代替不可能です。御熱心に会社や上司にご奉仕するのは結構な事ですが、未来を考えたら止めた方が良いです。

ちなみにこの時期に一切子育てに関わらないと、死ぬまで言われるようです。(もはやあるあるのレベル)あの時あなたはいなかった、あの時あなたはしてくれなかった、などなど永遠と言われる羽目になるようです。人生にとって重要なのが何なのか、考えた方が良いです。

 

 

なんか熱を込めて書いちゃいましたが、一つの命が生まれるってホントに素晴らしいことです。家族を愛しています。幸せな人生を皆で作って行きましょう!

 

 

れもん、うむもん! ―そして、ママになる―

れもん、うむもん! ―そして、ママになる―

 

アメリカンファンディングで被弾しました

f:id:shiawase-investor:20181104120756j:plain

久しぶりの更新になります。

アメリカンファンディングで遅延が発生しました。

【延滞発生に関するご報告】 | アメリカンファンディング

見事に両ローンとも被弾しまして、ソーシャルレンディング投資歴で初の遅延被害を体験することに・・・。

 

ガイアファンディングの一件以来、maneoがまともに機能していない可能性があると見え、maneoファミリーからの撤退を進めておりましたが、今回完済期限が間に合わずに被弾と相成ります。

 

強がりのようですが、ガイアファンディングと似ているようなローンを提供するアメリカンファンディングでも、そのうち遅延が起きるのではないかと、何となくは思っておりました。今となってはどうしようもないのですが・・・。

 

ソーシャルレンディングは途中解約ができないため、どう危険を感じ取ったところで、スピーディーに撤退ができません。今回は改めて、途中解約ができないリスクを感じました。

 

現在LCレンディングは撤退が完了しており、その他maneoファミリーにも配当金含めて再投資・追加投資はしていないのですが、完済期限を待つしか選択肢がなく、如何ともし難い。maneo本体はまだマシだと信じたいですが、ファミリー企業は遅延の順番待ちのように見えてしまいます。

 

 

アメリカンファンディングへの投資額はポートフォリオ全体では3,4%ということで、影響が甚大というわけではないのですが、当然万単位で損失計上する羽目になりますので、虎の子の資金としては痛い。

1円でも返ってくることを祈るばかりです。

無論、インデックス投資を中心とした投資から撤退する意思はありません。引き続き投資は継続します。

発注ミスがつみたてNISAの大損を救う皮肉~ドルコスト平均法の威力を知る~

f:id:shiawase-investor:20181110005533j:plain

お久しぶりでございます。投資は引き続きしているのですが、ブログが上手く更新できていませんでした。2019年早々につみたてNISAで発注ミスを犯した私ですが・・・。

 

shiawase-investor.hateblo.jp

 

皮肉にも、この発注ミスがつみたてNISAの損益を救い、結果としてドルコスト平均法の威力を知るという副産物を与えてくれました。

 

発注ミスの恩返し?

年明け以降、株価は回復傾向みたいなのですが、上記発注ミスをやらかして買い付けた日が、比較的底値に近かったため、今月の上昇分でつみたてNISAで抱えていたマイナスを消し去ってくれました。

現時点でつみたてNISA口座ではプラス収益。「ありがとう発注ミス」状態です。

そもそもの発注ミスの原因ですが・・・

2018年の終わりにつみたてNISAを始めたため、定期買付分だけでは枠を消化できず、冬のボーナスで不足分を埋めようとしたわけです。自動設定で買い付けた所、発注日が2018年度枠の締切日を過ぎていたため、2019年度の枠を早速使っちまった、と。

正直、SBIが悪いのか何なのか、タイミングとして2019年度枠を使う時期に買い付けする設定って使う価値あるのか、って感じですが、もう終わった事なのでよしとします。

結局、ボーナス設定した金額が大きかった為、底値で買い付けた分、平均取得単価がガクンと下がったんですよね。

ドルコスト平均法が火を噴いた瞬間

通常の特定口座でもインデックスファンドを持っているのですが、依然としてこちらは赤字です。買付のタイミングもまーまー似たもんなので、分散買付するだけで損益がこうも変わるのか、と改めて感激しました。

今回はたまたま底値で買ったにすぎず、過剰に効果が出ているのは割り引いて考えるべきですが、分散買付ってやっぱり重要なんだなと思う次第です。

とはいえ、2019年度枠が少なくなっている件

ただ何はどうあれ、2019年度枠がもう残り少ないのが悩ましい所です。どうすんのよ、これ・・・。今年子供が生まれますので、ジュニアNISAに資金を回すのも手ではありますが・・・。いずれにせよ、投資する枠をどうするのかが悩ましいです。

結局コンスタントに積み立てられるのが2020年度からって、結構待たせてくれますわね。その点iDeCoは優秀かな、とも思いましたが、こっちはまだ大赤字です。

人生そう上手くはいきませんね。

 

 

 

無意識・無気力で株式市場に居続けるためのインデックス投資という技術

f:id:shiawase-investor:20181020011627j:plain

自分の性分として、常日頃投資について考えたり、興味を失わずにいる事は向いていないと思います。早くもソーシャルレンディングは私の中で下火になりつつあります。(撤退はしませんが・・・。)とにかく自分の感情や興味によって、継続的に投資し続けることができなくなるため、インデックス投資がいかに自分に合っているかを痛感します。

 

ソーシャルレンディング熱というマイブーム

新案件の募集開始後、瞬間的に蒸発する資金供給ニーズ。目の前で繰り広げられる投資合戦に、今若干冷めた目を向けているソーシャルレンディングは、私にとってマイブームだったと言えるでしょう。

 

shiawase-investor.hateblo.jp

 

クリック合戦に参加していない(参加できない)ため、具体的に何か疲れたと言うより、白熱した投資合戦に冷めてしまいました。投資したい時に投資したい案件に投資できないのは、意外とストレスになります。ソーシャルレンディングにおいては、投資を抽選式にして欲しいです。熾烈な資金供給レースに、ソーシャルレンディング熱が冷めてきました。

インデックス投資ナマケモノにこそ向く

今やインデックス投資はメジャーな投資手法だと言えるでしょう。NISA、iDecoをはじめ、インデックス投資を後押しする環境も整っています。特に、自動で買い付ける機能(仕組み)は素晴らしいと思いますね。投資家の心象がどうであれ、勝手に投資金額が積み上がります。この機械的な仕組みこそ、イノベーションだともいえるでしょう。少なくとも、今の私にとっては、これほど素晴らしい投資手法はありません。

市場退出=損益確定というシンプルな哲学

究極のインデックス投資「永久の」バイ&ホールドです。市場退出(売却)が唯一損益を確定させることであり、複利の効果を最大限享受しながら、資産を最大化するにあたっては、どんな状況でも負けずに市場から退出しないことが一番です。

ひたすら投資額を積み立てる修行

投資は資産額が最も大事だと考えています。

 

shiawase-investor.hateblo.jp

同じ利回り1%でも、元本が1万円なのか1億円なのかで、大分結果の重みが異なります。利回りにこだわることは、投資をする以上当然ではありますが、それ以上に元本の金額の大きさが重要です。

インデックス投資は、ただ積み立て続けるだけの修行です。相場が悪い時も良い時も、ただひたすらに指数連動型ファンドを買い続けるのみです。

私はインデックス投資

仕事で忙しい時も、投資に興味が無くなっている時も、常に投資ができ、株式市場に居続けられるインデックス投資が一番私には合っています。意識低い系ナマケモノ投資家こそ、インデックス投資で世界の成長の果実を手に入れましょう。

 

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

 

 

 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 
株式投資 第4版

株式投資 第4版

 

 

ソーシャルレンディング投資に疲れてきた感

f:id:shiawase-investor:20180929004223j:plain

1/11に不動産のクラウドファンディング「CREAL」の第4案件(世田谷の1ルームマンション)が募集開始となりましたが、またもや瞬間的に募集完了した模様です。例に漏れず仕事中だったため、気付いた時には終わっていました。

この調子だと、CREALについては、2,000万円前後の案件への追加投資は、毎回競争率が高く絶望的でしょう。異様な資金供給への警戒感と、毎回繰り返されるクリック合戦への疲弊感から、ソーシャルレンディングへの投資熱が陰ってきました。

 

過熱するソーシャルレンディングへの資金供給

私は口座を持っていませんが、オーナーズブックも大人気とのことです。運営会社によりますが、募集開始から瞬時に蒸発する光景は珍しくないでしょう。ソーシャルレンディング自体がメジャーになったのか、世の中に金が余っているのかは知りませんが、如何せん資金需要に対する供給の過剰感を感じています。

私もソーシャルレンディングに投資し続けており、今回新しくCREALにも口座開設して追加投資していますので、資金供給側の一味ではあるのですが、こうも色々問題が起こっている(某ファミリー・・・)にも拘らず、これだけ人気があるとなんだか萎えました。感情論ですが・・・。インディーズの時は応援してたけど、メジャーデビューしてファンが増えたから気乗りしない、そんな感情もあるかもしれません。

過熱するクリック合戦

毎回投資しようと思ってクリック合戦になることも萎えます。募集開始の時間前にPCやスマホにかじりつき、募集開始とともにポチるって・・・。毎回そんなことしないと投資ができない環境は、私にとってはストレスです。インデックス投資家の性かもしれませんが、兎角面倒なことはしたくない。心して準備しないと継続できないような投資方法は、気持ちが萎えると続けることができない。超面倒くさがりなインデックス投資家の私にとって、クリック合戦は強烈なストレスです。

maneoファミリーへの絶望

ガイアファンディングだけでなく、火の手があちこちで上がっています。対応方法、そのスピード、実態としての安全性、管理能力・・・etc

maneoを中心に、彼らファミリーには無念の気持ちです。幸い私はまだ被弾しておらず、順調に毎月分配を受けていますが、もはやいつ被弾してもおかしくないのではないかと疑念が止まりません。maneoファミリーへの投資分は、現在引き出しまでの待機期間としています。現金のステータスで温存されていますが、引き出し手数料を相対的に抑える為、案件が完済されるのをひたすら待っています。

もう疲れたよ、パトラッシュ

具体的にクリック合戦、被弾をして疲れた、というより、現在目の前で繰り広げられている光景を見ていて気分が萎えた、という状況です。特段何か行動する事はないのですが、今の志向はソーシャルレンディングより、インデックス投資に移っています。

そう考えると、やはり毎回何か具体的な行動を伴う投資手法は私には向かないようです。気分屋なので、継続が困難になります。その点、投資自体も自動化されてしまっているインデックス投資は強いですね。私の気持ちや感情に関係なく、ただ機械的に積み立てられていきます。これはもう投資の価値観です。あー、なんだかな。

読書をすることで、恐ろしい程の時間の無駄を発生させる事実を見せつける

f:id:shiawase-investor:20180928231559j:plain

2018年は結果として207冊の読書ができました。

shiawase-investor.hateblo.jp

ひたすら読みまくる事に主眼を置いていましたが、年間200冊超の読書をした結果、すごく良かった本が意外と少ないことに驚きます。読んだ本は、★の数で良かった度を残しているのですが、それを整理してみました。

★★★★★:凄く良い!

★★★★ :良い

★★★  :普通

★★   :イマイチ

★    :悪い

 

読了本の★分布

2018年は年間207冊を読了していますが、★付き記録を残しているのは183冊でしたので、183冊の分布を見てみます。

★★★★★:30冊(16.4%)

★★★★ :44冊(24.0%)

★★★  :64冊(35.0%)

★★   :31冊(16.9%)

★    :14冊(7.7%)

「凄く良い」と思えた本は、全体の16.4%しかないです。6冊に1冊くらいしか、最高の読書体験は得られないという圧倒的無駄。★4まで含めれば、2.5冊に1冊。良い読書だったな、と思える機会は2.5冊に1冊しかない。それ以外は特に普通の本以下だったな、と思う読書になります。

読書は大量の無駄を生む

極論、5冊買ったら内3冊は買わなくても良かった本だともいえます。

1冊1,000円だとしたら3,000円は無駄。そうなりますね。読むには1冊2時間だとしても6時間は効果が薄いものになります。だんだん心が荒んできますよね。読書をしろ、なんて言いますが、全部が全部良い本を読める訳ではないので、結構無駄な活動をする羽目になります。そういった意味で、読書はホントに趣味の世界ですね。何らかの効果を期待するには無駄が多い気もします。

選球眼ならぬ選本眼が必要

読書を勧める本なんかを読むと、よく出てくるのが、「読み始めてイマイチなら、その本を読むことを止める」という読書法です。理にかなっていると思いました。だって序盤のページだけ読めば、お金は返ってきませんが時間は節約できます。

それに、日本では年間7万冊もの本が出版されており、人生をかけてもその一部しか読むことができないことを考えると、お金より人生(≒時間)の方が大事だという論調にも論理的に正しいものがあります。

www.1book.co.jp

私はまだ貧乏性が抜けず、買った本は最後まで読みたい人なのですが、それが無駄の根源だと思うと切ないですな・・・。

そんな私が1年間の無駄を通して発見できた、良書たちをご紹介します。誰しもが最高だと言えるかは当然保証できないのですが、大量の本の中から探し始めるよりは効果できなのではないかと思います。お役にたてれば幸いです。

★★★★★の本一覧

BCGの特訓――成長し続ける人材を生む徒弟制

BCGの特訓――成長し続ける人材を生む徒弟制

 
意思決定のための「分析の技術」

意思決定のための「分析の技術」

 
一瞬で大切なことを伝える技術

一瞬で大切なことを伝える技術

 
3分でわかる クリティカル・シンキングの基本

3分でわかる クリティカル・シンキングの基本

 
20代 仕事筋の鍛え方

20代 仕事筋の鍛え方

 
IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

 
未来を拓く君たちへ なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか (PHP文庫)

未来を拓く君たちへ なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか (PHP文庫)

 
具体と抽象―世界が変わって見える知性のしくみ

具体と抽象―世界が変わって見える知性のしくみ

 
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 
マッキンゼー 経営の本質 意思と仕組み

マッキンゼー 経営の本質 意思と仕組み

 
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

 
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

 
ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
 
最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

 
SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ)

 
インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol.263)

インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol.263)

  • 作者: ジョン・C・ボーグル,John C. Bogle,長尾慎太郎,藤原玄
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2018/05/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
すばらしい日々 (幻冬舎文庫)

すばらしい日々 (幻冬舎文庫)

 
スローキャリア 出世を急がない人のためのビジネス論 (PHP文庫)

スローキャリア 出世を急がない人のためのビジネス論 (PHP文庫)

 
LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方

LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方

 
東芝の悲劇 (幻冬舎文庫)

東芝の悲劇 (幻冬舎文庫)

 
七つの会議 (集英社文庫)

七つの会議 (集英社文庫)

 
AIとBIはいかに人間を変えるのか (NewsPicks Book)
 

★★★★の本一覧

人事評価の「曖昧」と「納得」 (NHK出版新書)

Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法

3分でわかる問題解決の基本

数に強くなる (岩波新書)

本質思考: MIT式課題設定&問題解決

35歳からの「脱・頑張(がんば)り」仕事術 (PHPビジネス新書)

経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書)

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール (ブルーバックス)

「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)

組織戦略の考え方―企業経営の健全性のために (ちくま新書)

調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論 (幻冬舎文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則

「WHY型思考」が仕事を変える (PHPビジネス新書)

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

運を支配する (幻冬舎新書)

[概論]日本のベンチャー・キャピタル

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

常勝集団のプリンシプル 自ら学び成長する人材が育つ「岩出式」心のマネジメント

最後だとわかっていたなら

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

2018年の投資を振り返って、2019年を想う

f:id:shiawase-investor:20181118181645j:plain

2018年がもうすぐ終わります。また2019年も引き続き投資をしていきますが、2018年の投資を振り返り、未来を想う。

 

いろいろあった2018年

間もなく2018年が終わります。個人的には変化が大きく、投資にも復帰したことから、グンと投資ができた1年でもありました。

何と言ってもまずは転職。憧れ続けたコンサル業界へ、今年最後のチャンスで転職ができました。最後のチャンスと言っても、転職活動自体は社会人になってから初めてですけど。幸いにもブラック企業で修行していましたので、年収も上がって(その分以上は働かされますがw)良い転職であったと思います。もちろん仕事内容、環境にも大満足していますし、後悔は微塵も無い、素晴らしい選択でした。

途中ふにゃふにゃと弱気になりつつ、「やってみなきゃ、分からなくない?」とコンサルファームが何なのかも分からないまま、応援してくれた妻には感謝しています。こういう性格の妻で無かったら、オファーが貰えたかもわかりませんし、転職していたかも分かりません。良い人生の選択を切り拓いてくれた妻には重ねて感謝です。

9月頃から数年ぶりの投資に復帰。きっかけは子供ができたことです。喜ぶ妻を横目に、お金の計算を頭で走らせた私は打算的ではありますが、子供のためにもお金で苦労させる訳にはいかないと一念発起しました。

結果2018年分の投資は見事にマイナスとなってしまいましたが、子供が大学に行くまでの18年間と、私達夫婦の未来である30,40年後に向けて、着実に投資を続けようと決めています。

揺れた投資戦術、ブレなかった投資姿勢

途中ブレた時もありました。

shiawase-investor.hateblo.jp

ソーシャルレンディングには追加投資しないとか言い張っておいて、すぐにCREALに投資開始。是非投資初心者の方には心に刻んで欲しい。所詮投資はポジショントークである、と。どっかの誰かが正しいと言った所で、自分の資産を守るのは自分自身ですから、他人の言う事を鵜呑みにせず、自分なりのスタンスで投資したらよいのです。

すみません、教訓的に誤魔化しましたが、投資戦術がブレただけです・・・。

ただブレ無かったのは投資姿勢ですね。撤退はおろか、怯むこともなく投資し続けました。直近12月の株価下落は目に余りますが、ホントに心が痛んでおらず、我ながら投資したお金を何だと思っているのか怖い程に冷静かつ穏やかです。

たぶん一つ大きいのは防衛資産の積み上げができたことだと思います。直接投資には関係ないどころか、リターンで見れば機会損失たるや大きいのですが、この資産の積み上げが精神的な安全をもたらしますね。投資資金が吹っ飛んでも家族が暮らせる。いつもギリギリで生きていたいからーあーあー、な人には向きませんが、防衛資産は大事なものだと気付くことができました。

2019年の投資方針

特に具体的な目標は立てない事にします。

どうせブレるんで。

別に誰に求められてやっている訳ではないし、仕事の方で納期プレッシャーが凄まじい中、私生活まで結果管理されたくないという気持ちが・・・w

でも大事なのは投資原資だと思います。リターンをどれだけ追求した所で、1億円投資している人との重みが違い過ぎる。資産形成段階では、利回りより投資額であると考えるのは私の信念になり始めています。

とにかく2019年も投資し続けて、着実に投資原資を膨らませたいと思います。とある話によると、投資額が1,000万円を超えるあたりから景色は少し変わるようです。

1年通して投資し続けられればと思っています。

2018年のつみたてNISA枠を使い切れず、まさかの2019年枠を食いつぶす

f:id:shiawase-investor:20180909133718j:plain

SBI証券を使っているのですが、2018年のつみたてNISAに計上される期限は下記の通りだったようです。

2018年のNISA投資枠を利用する場合の最終取引はいつですか?|よくあるご...

<国内株式の場合>

約定日:12月25日

最終受渡日:12月28日

 

2018年枠を使わず2019年枠を使う凡ミス

完全にやらかしましたね。

10月頃からつみたてNISAを始めたため、余りまくる枠。12月の賞与で埋めてやろうと設定していたのですが、見事に最終日に買い付けたのか、2019年の枠が食いつぶされる凡ミスをやりました。

年内で間に合うように、買い付けしてくれなきゃ意味なくねーか。(心の声)

いや、2019年の枠が激減してて目を疑いましたが、瞬間に察しました。あ、そっち使ったのね、と。つみたてNISAの場合、年間40万円の枠となりますが、既にほとんど使い切ってしまいました・・・。私・・・アホじゃん。

もうバカなミスは気にするな。

終わってしまったことですからね。嘆いても騒いでも仕方がない。あーあ、やっちまったぜ、っていうのは変わりませんが、以降、賞与の設定も不要ですから・・・再来年(2020年)以降全自動になるでしょうw

とはいえ、色々つみたてNISAの使いづらさも認識できました。NISAを始める前は、つみたてNISAの一択だろ、とか思ってましたが、全然そんなことありませんね。投資余力の問題が一番なので、使い勝手の前に投資余力の課題はありますが・・・。

何で穴を埋めるか

あえなく2019年の枠を大きく削り取ったので、2019年下期にどう投資していこうか悩みどころです。子供のジュニアNISAにするか、妻のNISAを作るか・・・。

今年は転職したこともあり、給与からの投資余力があやふやな所もあったのですが、1年働いて、だいたいリズム感が掴めましたので来年以降バンバン行こうかと思います。子供が小さいうちに教育資金は用立てしておいた方が良いはずなので、夫婦としての将来資金とのバランスをどう取って行くのかも問題ですね。

 

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法